ご祭神

応神天皇

由緒

康平七年源頼義公勅を奉じ、東国平定後、鎌倉街道に面したこの地に社殿を建て八幡神の御神霊を奉祀し、戦勝感謝国家安泰・源氏の隆昌を祈願したのが始まりと伝えられます。

境内に老樹が立ち鷺が多く棲んでいたので鷺宮大明神と称され、これが地名の起因となりました。

正保2年(1654年)  八幡神社と改称
慶安2年(1648年) 江戸幕府より御朱印七石余を寄進せされる。

以降中野区内において御朱印を付与された唯一の神社です。