鳥居のくぐり方

神社の鳥居には、一般社会と神域を区切る結界のような意味があるともいわれています。
神聖な気持ちで、一礼してからくぐるのが丁寧なくぐり方とされています。
また、参拝を終え、境内を出る際も社殿の方に向き直って一礼するとよいでしょう。

参道の歩き方

神社では参道の中央を神様が通る道(正中/せいちゅう)と捉えることがあります。
(参道の中央を避けて進むのは敬意の表れといえます。)

また、参道の中央を横切る際に、軽く頭を下げながら通ったり、中央で神前に向き直って一礼してから横切るという敬意の表し方もあります。

神社参拝の作法

入り口の鳥居をくぐる前に会釈し、気持ちを引き締めてから境内に入ります。
手水舎の水で心身を清めます。このことを「手水をとる」といいます。

手水

神様にお参りする前には、手水舎の清浄な水で心身を清めます。
まず、右手にひしゃくを持ち

1 右手で柄杓に水を汲み、左手に水をかけて清める

2 柄杓を左手に持ちかえ、右手を清める

3 再度柄杓を右手に持ちかえ、左手のひらに水を受け、口をすすぐ

4 もう1度、左手を清める

5 次に使う人のためにひしゃくを立てて柄を洗います

6 ひしゃくを元の位置に伏せて置く

二礼二拍手一拝

御神前に来たらまず


1 軽く会釈します(お賽銭はこの後に奉納)。
2 二拝(二度深く礼をします)
3 二拍手
4 手を合わせたまま日頃の感謝の気持ちをお伝えします。
5 一拝(一度深く礼をします)。
6 最後に軽く一礼します。